人物"/ 相双地域アイコン

天然記念物(てんねんきねんぶつ)

木戸木の栃の木(ことぎのとちのき)

  • 地域(ちいき)

    相双地域(そうそうちいき)
  • 市町村(しちょうそん)

    飯舘村(いいだてむら)
  • カテゴリー:

    天然記念物(てんねんきねんぶつ)

紹介説明(しょうかいせつめい)

 トチノキ科に属するトチノキ。北海道・本州・四国・九州に分布し、山地の沢ぞいに自生しています。ヨーロッパ原産のマロニエもこのトチノキの仲間です。6月ごろ、枝先に長さ15cmほどの白い花を多数つけます。果実(かじつ)は丸く、熟(じゅく)すると栗の実のように三方にわれます。「木戸木の栃の木」(ことぎのとちのき)として親しまれているこの大木は、枝ぶりも見ごとで木のいきおいも良い状態(じょうたい)を保っています。毎年実を付け、秋の味覚(みかく)としても親しまれています。
 トチノキは道路をはさんで2本あります。1本は樹齢400年、木の高さ25m、幹まわり5.5m。もう1本は樹齢200年、木の高さ25m、幹まわり5.5mになります。

資料・他(しりょう・ほか)

『H21年度飯舘村教育要覧』~10.文化財 など

詳しく調べるために(くわしくしらべるために)

<詳しい情報の入手先>
飯舘村役場教育委員会生涯学習課

その他(そのほか)

  • 村指定天然記念物

関連ホームページ(かんれんホームページ)

検索結果へ戻る(けんさくけっかへもどる)
  • トップページ
  • 文化伝統編(ぶんかでんとうへん)
  • 人物編(じんぶつへん)
  • 自然編(しぜんへん)
ページのトップへ