人物"/ 県中地域アイコン

木・花・鳥(き・はな・とり)

三春大神宮の樹木(みはるだいじんぐうのじゅもく)

  • 地域(ちいき)

    県中地域(けんちゅうちいき)
  • 市町村(しちょうそん)

    三春町(みはるまち)
  • カテゴリー:

    木・花・鳥(き・はな・とり)

紹介説明(しょうかいせつめい)

 三春町の神垣山(かみがきやま)には三春大神宮があり、神明宮とか“シンメサマ”とよばれています。大神宮は元禄(げんろく)2(1689)年につくられました。
 神社の右手にある幹まわり約1.8m、高さ約20mのひときわ大きなシラカシの木や、幹まわり約2.5m、高さ約10mのイチイの木など、名木・巨木がたくさんあります。
 また、町指定天然記念物のモミをはじめ、大木といえるものが何本か自生しており、モミ林となっています。

資料・他(しりょう・ほか)

詳しく調べるために(くわしくしらべるために)

<詳しい情報の入手先>
・三春町役場産業課
・三春町観光協会                         
 
<現地までの交通案内>
・JR磐越東線「三春駅」より車で約10分

その他(そのほか)

  • 福島県緑の文化財登録(三春大神宮の森)

関連ホームページ(かんれんホームページ)

検索結果へ戻る(けんさくけっかへもどる)