人物"/ 相双地域アイコン

教育(きょういく)

西 植堂(にししょくどう)

浪江町
  • 地域(ちいき)

    相双地域(そうそうちいき)
  • 市町村(しちょうそん)

    浪江町(なみえまち)
  • カテゴリー:

    教育(きょういく)
  • 生没年:

    1843~1899
  • 時代:

    江戸時代(えどじだい)~明治(めいじ)

人物紹介(じんぶつしょうかい)

 西植堂(にししょくどう)は、1843年、中村藩士(なかむらはんし)で藩の重役をになう家に生まれました。父は学問にすぐれた人でしたので、植堂も幼いころからよく学問を学び、青年時代には江戸に出て吉野金陵(よしのきんりょう)という学者から学問を修得(しゅうとく)しました。
 明治維新(めいじいしん)の後、廃藩置県(はいはんちけん) 【全国の藩を廃止して府と県(ふけん)を置いたこと】が行われ、四民平等(しみんびょうどう)の世の中になると、1871年北幾世橋(きたきよはし)村【現在の浪江町北幾世橋】に父とともに住み、「高爽亭(こうそうてい)」という私塾(しじゅく)を開き、1887年までの16年間この地方の多くの若者たちを指導(しどう)しました。植堂に学んだ人の中には、後に大活躍(だいかつやく)した人がたくさいます。また、このころはわが国の義務教育(ぎむきょういく)が十分整わない時代だったので、小学校教育の整備(せいび)に全力をあげ協力しました。
 1899年、植堂が亡くなると、植堂に学んだ人々が「植堂文庫(ぶんこ)」を建て、感謝(かんしゃ)の心を表しました。
 なお、「植堂」は号であり、本名は西齋治(ときはる)といいます。

資料・他(しりょう・ほか)

『幾世橋小学校創立百周年記念誌「白檀」』
『浪江町史』
『双葉郡誌』

主な業績(おもなぎょうせき)

のちに与えた影響(のちにあたえたえいきょう)

 現在「幾世橋は、文教の地」と言われており、錦織晩香はその基礎をきずいた一人です。

関連する史跡・施設(かんれんするしせき・しせつ)

副読本(ふくどくほん)

関連文献(かんれんぶんけん)

詳しい情報の入手先(くわしいじょうほうのにゅうしゅさき)

  • 浪江町教育委員会 教育総務課
    電話:0240-34-2111

現地へ行くまでの交通案内(げんちへいくまでのこうつうあんない)

その他(そのほか)

教育委員会連絡先(きょういくいいんかいれんらくさき)

浪江町

西 植堂の墓

西 植堂の書

検索結果へ戻る(けんさくけっかへもどる)
  • トップページ
  • 文化伝統編(ぶんかでんとうへん)
  • 人物編(じんぶつへん)
  • 自然編(しぜんへん)
ページのトップへ