人物"/ 相双地域アイコン

文化・芸術(ぶんか・げいじゅつ)

佐々木俊一(ささきしゅんいち)

浪江町
  • 地域(ちいき)

    相双地域(そうそうちいき)
  • 市町村(しちょうそん)

    浪江町(なみえまち)
  • カテゴリー:

    文化・芸術(ぶんか・げいじゅつ)
  • 生没年:

    1909~1957
  • 時代:

    明治(めいじ)~昭和(しょうわ)

人物紹介(じんぶつしょうかい)

 佐々木俊一(ささきしゅんいち)は、1909年、浪江町権現堂(ごんげんどう)に生まれました。浪江小学校を卒業後、東京の東洋音楽学校で学び、1932年、西条八十(さいじょうやそ)が作詞した『涙(なみだ)の渡(わた)り鳥』に曲をつけて作曲家としてデビューしました。その後『島の娘(むすめ)』『きらめく星座(せいざ)』『明日はお立ちか』などをヒットさせました。
 戦後になると『月よりの使者』『アルプスの牧場(ぼくじょう)』『高原の駅よさようなら』『桑港(そうこう)【サンフランシスコ】のチャイナ街』など大勢(おおぜい)の人に歌われる名曲を作りました。残念(ざんねん)なことに、わずか49歳という若さで1957年に亡くなってしまいました。

資料・他(しりょう・ほか)

『浪江町史』

主な業績(おもなぎょうせき)

    のちに与えた影響(のちにあたえたえいきょう)

     わが国の流行歌界にゆるぎない金字塔(きんじとう)をうちたてました。

    関連する史跡・施設(かんれんするしせき・しせつ)

    副読本(ふくどくほん)

    関連文献(かんれんぶんけん)

    詳しい情報の入手先(くわしいじょうほうのにゅうしゅさき)

    • 浪江町教育委員会 教育総務課
      電話:0240-34-2111

    現地へ行くまでの交通案内(げんちへいくまでのこうつうあんない)

    その他(そのほか)

    教育委員会連絡先(きょういくいいんかいれんらくさき)

    浪江町

    佐々木俊一

    佐々木俊一 歌碑

    関係記事(かんけいきじ)

    ※関連(かんれん)する項目(こうもく)を表示(ひょうじ)しています。
    クリックするとその項目のページへジャンプします。

    検索結果へ戻る(けんさくけっかへもどる)
    • トップページ
    • 文化伝統編(ぶんかでんとうへん)
    • 人物編(じんぶつへん)
    • 自然編(しぜんへん)
    ページのトップへ