• トップページ
  • 文化伝統編(ぶんかでんとうへん)
  • 人物編(じんぶつへん)
  • 自然編(しぜんへん)
人物"/ 県中地域アイコン

その他(そのほか)

熊田嘉善(くまだかぜん)

田村市
  • 地域(ちいき)

    県中地域(けんちゅうちいき)
  • 市町村(しちょうそん)

    田村市(たむらし)
  • カテゴリー:

    その他(そのほか)
  • 生没年:

    1817~1887
  • 時代:

    江戸時代(えどじだい)~明治(めいじ)

人物紹介(じんぶつしょうかい)

 熊田嘉善(くまだかぜん)は、1817年都路村の渡辺家の6番目の子として生まれました。三春藩の医者をしていた熊田家の養子(ようし)となり家業(かぎょう)をつぎました。
 漢学や医学を学んだのち江戸に出て西洋医学を学び、さらに長崎で蘭学(らんがく)【オランダ語で西洋の学術・文化を研究すること】を身につけて三春藩にもどり、藩医として地方でははじめて種痘(しゅとう)の治療(ちりょう)をしました。
 その後、兵学(へいがく)を学びながら巨大な大砲のつくりかたを研究し、招かれた水戸藩で鉄を溶(と)かし大砲をつくる技術を成功(せいこう)させています。また1868年の戊辰戦争(ぼしんせんぞう)のときは、三春藩が戦火(せんか)からまぬがれるきっかけを作ったといわれています。
 廃藩(はいはん)後は、明治5年に設立された養才義塾(ようさいぎじゅく)の教授をつとめ、明治6年の学制発布(はっぷ)により三春小学校長や田村中学校教師につくなど教育活動(きょういくかつどう)にたずさわりました。明治20年1月、71歳で病死しました。

資料・他(しりょう・ほか)

『都路村史』

主な業績(おもなぎょうせき)

    のちに与えた影響(のちにあたえたえいきょう)

    関連する史跡・施設(かんれんするしせき・しせつ)

    副読本(ふくどくほん)

    関連文献(かんれんぶんけん)

    詳しい情報の入手先(くわしいじょうほうのにゅうしゅさき)

    • 三春町歴史民族資料館
      住所:三春町字桜谷5 電話:0247-62-5263

    現地へ行くまでの交通案内(げんちへいくまでのこうつうあんない)

      その他(そのほか)

      教育委員会連絡先(きょういくいいんかいれんらくさき)

      田村市

      熊田嘉善

      検索結果へ戻る(けんさくけっかへもどる)
      ページのトップへ