人物"/ 相双地域アイコン

政治(せいじ)

苅宿仲衛(かりやどなかえ)

  • 地域(ちいき)

    相双地域(そうそうちいき)
  • 市町村(しちょうそん)

    浪江町(なみえまち)
  • カテゴリー:

    政治(せいじ)
  • 生没年:

    1854~1907
  • 時代:

    江戸時代(えどじだい)~明治(めいじ)

人物紹介(じんぶつしょうかい)

 苅宿仲衛(かりやどなかえ)は、1854年、苅宿村【現在の浪江町苅宿】の代々神官をつとめる家柄(いえがら)に生まれました。宮城師範学校(みやぎしはんがっこう)で学び卒業すると、しばらく小学校の先生を指導(しどう)する先生として活躍(かつやく)しました。
 1880年、教育の世界から政治の世界に入り、民主主義(みんしゅしゅぎ)や自由を求める自由民権運動(じゆうみんけんうんどう)に加わり全国各地に足をのばして活動しました。この運動は、当時の政府(せいふ)に反対する運動だったため、しばしば弾圧(だんあつ)を受け、福島事件、加波山(かばさん)事件、大阪事件などで警察(けいさつ)に逮捕(たいほ)されましたが、そのいずれの場合も無罪(むざい)として釈放(しゃくほう)されました。いつの場合も、釈放されるとすぐに牢獄(ろうごく)に入っている仲間の家族を救うために熱心(ねっしん)に活動しました。1886年に県会議員(けんかいぎいん)となり、1890年の第1回総選挙(そうせんきょ)に立候補(りっこうほ)【落選】した時期をのぞいて、1898年までずっと自由党の県会議員として自由と人権のためにたたかいました。

資料・他(しりょう・ほか)

『志士苅宿仲衛の生涯-自由民権運動の軌跡-』 松本美笙
『福島自由民権家列伝』 高橋哲夫
『浪江町史』
『広野町史』
『原町市史』

主な業績(おもなぎょうせき)

  • 1874年
    宮城師範学校を卒業した後、県内の師範学校教員や小学校の巡回指導員をつとめました。
  • 1880年
    相双地方の民権運動の結社である北辰社(ほくしんしゃ)にくわわり自由民権運動を展開しました。
  • 1881年
    自由党福島部がつくられ、党の重要メンバーとして活躍しました。
  • 1882年
    福島事件がおこり、その首謀者(しゅぼうしゃ)として捕まってしまいましたが無罪放免となりました。
  • 1884年
    加波山事件(かばさんじけん)がおこると、これに関わっていたとして捕まりますが後に釈放されました。
  • 1886年
    大阪事件で三たび逮捕され、このときも無罪放免となりました。なお、これら三つの事件いずれの場合も、釈放後は、拘留中の同志へのさし入れや家族救援のために力をそそぎました。
  • 1886年~1898年
    一時期をのぞいて一貫して自由党の県会議員として活躍し、自由と人権、地域振興のため力をつくしました。

のちに与えた影響(のちにあたえたえいきょう)

関連する史跡・施設(かんれんするしせき・しせつ)

  • 顕彰碑 (けんしょうひ)
    場所:浪江町大字苅宿 標葉神社(しねはじんじゃ)境内 板垣退助(いたがきたいすけ)による碑文(ひぶん)がきざまれています。
  • 苅宿家旧宅 (きゅうたく)
    場所:浪江町大字苅宿

副読本(ふくどくほん)

関連文献(かんれんぶんけん)

    詳しい情報の入手先(くわしいじょうほうのにゅうしゅさき)

    • 浪江町教育委員会 教育総務課
      電話:0240-34-2111

    現地へ行くまでの交通案内(げんちへいくまでのこうつうあんない)

    その他(そのほか)

    教育委員会連絡先(きょういくいいんかいれんらくさき)

    苅宿仲衛

    苅宿仲衛の生家

    関係記事(かんけいきじ)

    ※関連(かんれん)する項目(こうもく)を表示(ひょうじ)しています。
    クリックするとその項目のページへジャンプします。

    検索結果へ戻る(けんさくけっかへもどる)
    • トップページ
    • 文化伝統編(ぶんかでんとうへん)
    • 人物編(じんぶつへん)
    • 自然編(しぜんへん)
    ページのトップへ