文化・伝統 会津地域アイコン

伝統工芸(でんとうこうげい)

起上り小法師(おきあがりこぼうし)

  • 地域(ちいき)

    会津地域(あいづちいき)
  • 市町村(しちょうそん)

    会津若松市(あいづわかまつし)
  • カテゴリー:

    伝統工芸(でんとうこうげい)

紹介説明(しょうかいせつめい)

 様々な種類(しゅるい)のある会津の民芸品(みんげいひん)は、もともと会津藩主(あいづはんしゅ)である蒲生氏郷(がもううじさと)が、下級藩士(はんし)の内職(ないしょく)として作らせたといいます。起上り小法師もその一つです。
 正月10日に、会津若松の中心街で開かれる十日市(とおかいち)で人気の縁起物(えんぎもの)です。3cmほどの手のひらに乗る大きさが特ちょうで、胴(どう)が赤、頭が黒で、目、まゆ、口が細い線でえがかれています。そのすがたがなんともかわいらしく、心をなごませてくれます。
 家族の数よりも1つ多く買うのが習わしです。家族の安全と発展(はってん)をいのり、小さな体で元気にはたらき、転んでも起きあがることを願ったものです。七転八起(ななころびやおき)の、苦しみも乗りこえていく人生を表したものとして、愛(あい)されています。

詳しく調べるために(くわしくしらべるために)

<詳しい情報の入手先>
・山田民芸工房 電話:0242-23-1465

<現地までの交通案内>
山田民芸工房
・JR「会津若松駅」より徒歩15分

その他(そのほか)

  • 福島県伝統的工芸品(平成9年3月31日指定)

関連ホームページ(かんれんホームページ)

ムービー

起上り小法師

起上り小法師

関係記事(かんけいきじ)

※関連(かんれん)する項目(こうもく)を表示(ひょうじ)しています。
クリックするとその項目のページへジャンプします。

検索結果へ戻る(けんさくけっかへもどる)
  • トップページ
  • 文化伝統編(ぶんかでんとうへん)
  • 人物編(じんぶつへん)
  • 自然編(しぜんへん)
ページのトップへ