文化・伝統 県北地域アイコン

文化財(ぶんかざい)

馬場ザクラ(ばばざくら)

  • 地域(ちいき)

    県北地域(けんぽくちいき)
  • 市町村(しちょうそん)

    大玉村(おおたまむら)
  • カテゴリー:

    文化財(ぶんかざい)

紹介説明(しょうかいせつめい)

 馬場ザクラはエドヒガンザクラで、大玉村玉井字石橋(たまのいあざいしばし)にある国指定天然記念物です。このサクラのある場所が源八幡太郎義家(みなもとのはちまんたろうよしいえ)【1039~1106年】が馬の訓練(くんれん)をした馬場(ばば)だったといわれ、義家(よしいえ)が手に持ったサクラのムチを土にさして駒止め(こまどめ)したものが根付いたことから「駒止めの桜」ともよばれています。
 昭和61(1986)年の干ばつにより、木の勢いが一時おとろえましたが、このときに結成された「馬場桜保存会」の活躍(かつやく)により、成長が回復(かいふく)しました。しかし、近年またおとろえが目立ち、けんめいに回復作業を行っています。


高さ 15m  
幹周り(みきまわり) 7m  
樹齢(じゅれい) 1000年

詳しく調べるために(くわしくしらべるために)

<詳しい情報の入手先>
・大玉村教育委員会

その他(そのほか)

  • 国指定天然記念物

関連ホームページ(かんれんホームページ)

ムービー

関係記事(かんけいきじ)

※関連(かんれん)する項目(こうもく)を表示(ひょうじ)しています。
クリックするとその項目のページへジャンプします。

検索結果へ戻る(けんさくけっかへもどる)
  • トップページ
  • 文化伝統編(ぶんかでんとうへん)
  • 人物編(じんぶつへん)
  • 自然編(しぜんへん)
ページのトップへ