文化・伝統 県中地域アイコン

伝統行事(でんとうぎょうじ)

富岡の唐傘行灯花火(とみおかのからかさあんどんはなび)

  • 地域(ちいき)

    県中地域(けんちゅうちいき)
  • 市町村(しちょうそん)

    郡山市(こおりやまし)
  • カテゴリー:

    伝統行事(でんとうぎょうじ)

紹介説明(しょうかいせつめい)

 富岡の唐傘行灯花火(からかさあんどんはなび)は、郡山市三穂田町富岡(みほたまちとみおか)地区で、明治時代の初めころから行われてきたと伝えられる伝統行事(でんとうぎょうじ)です。地元の亀賀森神社(かめがもりじんじゃ)の祭りの時に、豊作(ほうさく)や雨ごい、家内安全(かないあんぜん)を願って行われます。
 このしかけ花火は、角型の枠行灯(わくあんどん)の上に、とじた唐傘が取りつけられ、導火線(どうかせん)から枠行灯に火がうつったあと、唐傘が開いて、そこから花火の光が雨のようにふりそそぐように見える花火です。打ち上げ花火なども行われ、花火が行われている間には、地元の青年団の人たちが「打ちこみ」とよばれる囃子(はやし)を笛や太鼓(たいこ)で演奏(えんそう)します。
 花火大会は、毎年体育の日の前日の日曜日に行われています。

詳しく調べるために(くわしくしらべるために)

<詳しい情報の入手先>
郡山市歴史資料館/○住所:郡山市麓山一丁目8番3号
         ○電話:024-932-5306
郡山市中央図書館/○住所:郡山市麓山一丁目5番25号
         ○電話:024-923-6601
         ○交通:JR郡山駅発福島交通バス
          麓山経由「麓山一丁目」停留所下車、
          または池ノ台経由「図書館前」停留所下車
          (約10分)

<直接現地へ行くまでの交通案内>
富岡の唐傘行灯花火/○住所:郡山市三穂田町富岡字南森
          ○交通:JR郡山駅前発福島交通バス
          下守屋・長沼行き「三和小学校」停留所下車
          (約40分)

その他(そのほか)

  • 市指定重要無形民俗文化財(平成6年9月27日指定)

関連ホームページ(かんれんホームページ)

ムービー

富岡の唐傘行灯花火

検索結果へ戻る(けんさくけっかへもどる)
  • トップページ
  • 文化伝統編(ぶんかでんとうへん)
  • 人物編(じんぶつへん)
  • 自然編(しぜんへん)
ページのトップへ