文化・伝統 県中地域アイコン

文化財(ぶんかざい)

精九郎壇と山毛欅(せいくろうだんとぶな)

  • 地域(ちいき)

    県中地域(けんちゅうちいき)
  • 市町村(しちょうそん)

    田村市(たむらし)
  • カテゴリー:

    文化財(ぶんかざい)

紹介説明(しょうかいせつめい)

 精九郎壇(せいくろうだん)とブナは、旧滝根町と双葉郡川内村との境界(きょうかい)にある金山地区(かなやまちく)にあります。壇(だん)【塚(つか)】は高さ1m、直径8mほどの円形で、たくさんの小石がつまれており、一種(いっしゅ)の境塚(さかいづか)です。

 その昔、川内村と神俣村(じんぼうむら)との境界争い(きょうかいあらそい)の時に、川内村の精九郎(せいくろう)が正直に境(さかい)を言いもらしてしまった。そのため川内村が争(あらそ)いに負け、精九郎は首だけ出して生きうめにされたという。精九郎が生きている間は、両方の村から食物を運んだ。その時、精九郎は「川内村と神俣村の両村が見えるところにうめられて、満足(まんぞく)だ。死んだら大きい石碑(せきひ)をたのむ」と言ったそうだ。しかし、山の頂上(ちょうじょう)は不便なため、石碑は立てるまでにはいたっていない。そこで両村の人々は、精九郎の霊(れい)をなぐさめるため、行く人来る人はせめてもと、小石を供(そな)えたのだという伝説(でんせつ)がある。

 この壇のあるブナの樹齢(じゅれい)はおよそ300年で、幹(みき)まわりは3.5m、高さ10.2m、全体の枝張り(えだはり)19.3mの、大変古い木です。西からの強い風にたえるように、枝(えだ)全体がかたむいて立っています。

詳しく調べるために(くわしくしらべるために)

<詳しい情報の入手先>
・田村市教育委員会

その他(そのほか)

  • 市指定天然記念物

関連ホームページ(かんれんホームページ)

ムービー

検索結果へ戻る(けんさくけっかへもどる)
  • トップページ
  • 文化伝統編(ぶんかでんとうへん)
  • 人物編(じんぶつへん)
  • 自然編(しぜんへん)
ページのトップへ