文化・伝統 県中地域アイコン

伝統行事(でんとうぎょうじ)

子松三匹獅子(こまつさんびきしし)

  • 地域(ちいき)

    県中地域(けんちゅうちいき)
  • 市町村(しちょうそん)

    田村市(たむらし)
  • カテゴリー:

    伝統行事(でんとうぎょうじ)

紹介説明(しょうかいせつめい)

 およそ500年前より郷社(ごうしゃ)【格のつけられた神社】子松神社(こまつじんじゃ)のお祭りに奉納(ほうのう)されてきたものです。毎年10月25日に、悪魔払い(あくまばらい)やお米の豊作(ほうさく)に感謝(かんしゃ)をあらわす意味でおどられ、今に伝えられています。
 おどり子は、オスの獅子(しし)二匹(ひき)、メスの獅子(しし)一匹で、関東方面から伝わってきたといわれています。オス獅子は太郎獅子(たろうしし)、次郎獅子(じろうしし)といい、角(つの)が二本あります。メス獅子は花子獅子とよばれ、角はありません。
 舞子(まいこ)には8~11才の小学生の男子が入り、獅子頭(ししがしら)や腰太鼓(こしだいこ)、じゅばん、はかまなどを身に着けておどります。
 この獅子舞(ししまい)は、メス獅子のうばい合いを表現したもので、子どもが演技(えんぎ)することであどけなさも見られ、品の良いものとなっています。

詳しく調べるために(くわしくしらべるために)

<詳しい情報の入手先>
・田村市教育委員会

<直接現地へ行くまでの交通案内>
子松神社
・JR磐越東線「船引駅」からバス20分

その他(そのほか)

関連ホームページ(かんれんホームページ)

ムービー

検索結果へ戻る(けんさくけっかへもどる)
  • トップページ
  • 文化伝統編(ぶんかでんとうへん)
  • 人物編(じんぶつへん)
  • 自然編(しぜんへん)
ページのトップへ