文化・伝統 県北地域アイコン

文化財(ぶんかざい)

傾城壇古墳(けいせいだんこふん)

  • 地域(ちいき)

    県北地域(けんぽくちいき)
  • 市町村(しちょうそん)

    大玉村(おおたまむら)
  • カテゴリー:

    文化財(ぶんかざい)

紹介説明(しょうかいせつめい)

 この古墳(こふん)は、大玉村大山字愛宕(おおやまあざあたご)にある県指定史跡(けんしていしせき)です。この古墳は古墳時代(1,700~1,300年前)のはじめごろ、二子塚古墳(ふたごづかこふん)のある平地を見下ろす東がわの山の上につくられました。全長42mの前方後円墳(ぜんぽうこうえんふん)【前が四角形で、後ろがまるい形をしたお墓(はか)】で、二子塚古墳がつくられた時代より前にこの地方をおさめていた豪族(ごうぞく)の墓と考えられています。

詳しく調べるために(くわしくしらべるために)

<詳しい情報の入手先>
・案内板がないため、詳しくは大玉村教育委員会へ

その他(そのほか)

    関連ホームページ(かんれんホームページ)

    ムービー

    検索結果へ戻る(けんさくけっかへもどる)
    • トップページ
    • 文化伝統編(ぶんかでんとうへん)
    • 人物編(じんぶつへん)
    • 自然編(しぜんへん)
    ページのトップへ