うつくしま電子事典 人物一覧ページ 検索ページ トップページ

【郡山市】
鈴木信教(すずきしんきょう)

【業績分類】 【生没年】 【時代】
福祉・慈善事業 1843〜1892 江戸時代〜明治
【人物紹介】
1843(天保(てんぽう)14)年、山形県の農家に生まれた鈴木信教は、7才の時に故郷(こきょう)を離(はな)れて、福島県安達郡(あだちぐん)にある真言宗(しんごんしゅう)の相応寺(そうおうじ)で、生活しました。13才から10年間は、京都の智積院(ちしゃくいん)で修行(しゅぎょう)をしました。そして、22才で安達郡の東福寺(とうふくじ)の住職となり、次に息王寺(そくおうじ)の住職となりました。そのころ、戊辰(ぼしん)戦争で荒(あ)れ果てた郡山の如宝寺(にょほうじ)では、世話人が寺の再建を信教和尚(しんきょうおしょう)にお願いしようと相談をしていました。そして、信教和尚は、1868(明治元)年に如宝寺へ着任しました。当時の社会は、食料も満足になく、人々は生活に困(こま)っており、生まれたばかりの子供を、育てられない家庭も多くありました。そのため、信教和尚は、そうした子どもたちを、寺で育てることにしました。そして、信教和尚は亡(な)くなるまで、約200人の子どもたちを教育したり、「門前縞(もんぜんじま)」という織物(おりもの)を考えて人々に教えたりするなど、社会福祉の向上に貢献(こうけん)しました。

【基本資料】
「郡山おもしろBOOK」社団法人郡山青年会議所、1992年11月30日発行

【主な業績】
「子返し」、「間引き」という悪習から赤ちゃんを救い、自分の子どもとして養育した。その費用も寄付金などに頼らず、すべて自分の収入でまかなっていた。子どもたちが成長すれば、学業指導や就労援助も行っていた。

【のちに与えた影響】
みちのくの良寛様として、地域の人々に親しまれている。

【関連する史跡・施設】
鈴木信教墓郡山市堂前町4番24号 TEL024-922-0607
如宝寺内 県指定史跡 

【副読本】
「郡山おもしろBOOK」社団法人郡山青年会議所、1992年11月30日発行

【関連文献】
「えほん風土記こおりやま」(社団法人郡山青年会議所、1981年刊)

【詳しく調べるために】
<詳しい情報の入手先:>
郡山市中央図書館(郡山市麓山一丁目5番25号 TEL024-923-6601)

<現地へ行くまでの交通案内:>
JR郡山駅前発池ノ台経由「郡山図書館前」でバス下車

【その他】
郡山市のHP

戻る


福島県教育委員会