うつくしま電子事典

うつくしま電子事典
文化・伝統編人物編自然編 トップページへ
 

文化財(ぶんかざい)

梁川城跡(やながわじょうあと)

県北地域(けんぽくちいき)

伊達市(だてし)

文化財(ぶんかざい)

梁川城跡
梁川城跡

梁川城跡
梁川城跡


関連記事

※関連(かんれん)する項目(こうもく)を表示(ひょうじ)しています。
クリックするとその項目のページへジャンプします。

 

紹介説明(しょうかいせつめい)

 梁川城跡(やながわじょうあと)は、高台の部分が南北600m×東西200m。西側の平地の部分は南北300m×東西200mの平山城(ひらやまじょう)です。
 梁川城は、鎌倉時代のはじめに伊達氏(だてし)によって築(きず)かれたと伝えられます。特に11代持宗(もちむね)から14代稙宗(たねむね)までは、この梁川城に伊達家(だてけ)の本拠(ほんきょ)がおかれていました。
 戦国時代の終わりになると、梁川城は伊達氏から蒲生氏(がもうし)を経(へ)て、上杉氏(うえすぎし)の領地(りょうち)となりました。寛文(かんぶん)4(1664)年に上杉氏が去った後は、江戸幕府(えどばくふ)の直接支配(ちょくせつしはい)と大名支配(だいみょうしはい)がくり返され、文化4(1807)年から文政(ぶんせい)4(1821)年まで北海道の松前藩(まつまえはん)の領地となりました。
 梁川城跡は、本丸(ほんまる)の庭園「心字の池」とあわせて福島県の史跡(しせき)名勝(めいしょう)として指定を受けています。

資料・他(しりょう・ほか)

『梁川町史』
 第4巻「自然・考古」、第10巻「文化・旧町村沿革」
『梁川町の文化財』

詳しく調べるために(くわしくしらべるために)

<詳しい情報の入手先>
・伊達市教育委員会

<直接現地へ行くまでの交通案内>
・阿武隈急行「やながわ希望の森公園前駅」下車、徒歩10分

その他(そのた)

県指定史跡・名勝

関連HPへ(かんれんホームページへ)

伊達市HPへ
関連画像HPへ
関連HPへ1

もどる