うつくしま電子事典

うつくしま電子事典
文化・伝統編人物編自然編 トップページへ
 

文化・芸術(ぶんか・げいじゅつ)

草野心平(くさのしんぺい)

いわき市(いわきし)

1903〜1988

明治(めいじ)〜昭和(しょうわ)

草野心平
草野心平


関連記事

※関連(かんれん)する項目(こうもく)を表示(ひょうじ)しています。
クリックするとその項目のページへジャンプします。

 

人物紹介(じんぶつしょうかい)

 草野心平(くさのしんぺい)は、1903年、現在のいわき市小川町に生まれ、16歳までそこで暮らしました。
 若いときになくなった兄がノートに書いていた詩に影響(えいきょう)を受け、中国に留学(りゅうがく)している間に詩をつくりはじめました。カタカナ、ひらがな、漢字を自由に使い、人々の生活や感情(かんじょう)を蛙(かえる)や石や天などのユニークな物にたとえて詩をつくりました。「蛙の詩人」などとよばれ、彼にしかできない詩の世界をつくりました。
 蛙がきっかけで双葉郡川内村の名誉村民(めいよそんみん)にもなりました【川内村にはめずらしいモリアオガエルがすんでいて、国の天然記念物になっています】。年をとってからは、毎年夏になると川内村の「天山文庫(てんざんぶんこ)」で過ごしていました。また、宮澤賢治(みやざわけんじ)が亡くなった後、彼の作品を広めることに力をつくし、賢治を世に紹介したことも高く評価(ひょうか)されています。1987年には文化勲章(ぶんかくんしょう)を受けました。

資料・他(しりょう・ほか)

『いわきの人物誌(上)』 いわき市
『草野心平常設展図録』 いわき市立草野心平記念文学館
『郷土資料集』
 いわき市 いわき市小学校教育研究会社会科研究部編
『現代詩読本 るるる葬送』 草野心平 思潮社

主な業績(おもなぎょうせき)

1934年『宮沢賢治全集』【文圃堂書店発行(ぶんぽどうしょてんはっこう)】の共同責任編集者となりました。
詩集『第百階級(だいひゃくかいきゅう)』『蛙(かえる)』『定本蛙(ていほんかえる)』『第四の蛙(かえる)』など多数出版。
1950年一連の蛙の詩によって第1回読売文学賞【詩歌部門】を受賞しました。
1960年川内村名誉村民となりました。
1970年『わが光太郎』によって第21回読売文学賞【評論伝記部門】を受賞しました。
1984年いわき市名誉市民となりました。
1987年文化勲章を受章しました。

のちに与えた影響(のちにあたえたえいきょう)

 独創的(どくそうてき)な作品で、日本近代文学、特に昭和詩史に大きな影響(えいきょう)をあたえました。

関連する史跡・施設(かんれんするしせき・しせつ)

天山文庫
(てんざんぶんこ)
1966年開設。
川内村に心平の蔵書(ぞうしょ)3000冊が寄贈(きぞう)されることになったことをきっかけに、この文庫が生まれました。
いわき市立
草野心平記念文学館
1998年開館。
草野心平の業績を顕彰(けんしょう)し、文学に関する市民の知識・教養(きょうよう)の向上をはかり、市民文化の発展(はってん)に寄与(きよ)するためにつくられました。
草野心平生家2003年開館。
草野心平の生誕100年を記念して整備されました。

詳しい情報の入手先(くわしいじょうほうのにゅうしゅさき)

いわき市立
草野心平記念文学館
電話:0246-83-0005

現地へ行くまでの交通案内(げんちへいくまでのこうつうあんない)

いわき市立
草野心平記念文学館
草野心平生家
JR常磐線「いわき駅」より
車で約20分
JR磐越東線「小川郷駅」より
車で約5分
常磐自動車道
「いわき中央IC」より約15分

関連HPへ(かんれんホームページへ)

いわき市立草野心平記念文学館
いわき市のHP

もどる