うつくしま電子事典

うつくしま電子事典
文化・伝統編人物編自然編 トップページへ
 

文化・芸術(ぶんか・げいじゅつ)

有賀乕五郎(ありがとらごろう)

白河市(しらかわし)

1890〜1993

明治(めいじ)〜平成(へいせい)

有賀乕五郎
有賀乕五郎

有賀乕五郎文庫(白河市東図書館)
有賀乕五郎文庫(白河市東図書館)


関連記事

※関連(かんれん)する項目(こうもく)を表示(ひょうじ)しています。
クリックするとその項目のページへジャンプします。

 

人物紹介(じんぶつしょうかい)

 有賀乕五郎(ありがとらごろう)は明治23(1890)年、旧東村(現在の白河市東)で生まれました。 
 明治末期の1908年に、ロシアを経(へ)てドイツに留学(りゅうがく)し、写真の技術(ぎじゅつ)やレントゲンについて学ぶとともに、大学の研究室でカラー写真の開発研究を行いました。
 また、留学中にそれまでの中心であった白黒写真からウォームブラックトン【写真を引き立たせる技術】も開発(かいはつ)し、大正3(1914)年に帰国(きこく)しました。帰国の翌年、東京に写真館を開設し、写真界の発展(はってん)に貢献(こうけん)しました。

資料・他(しりょう・ほか)

『ドイツで学んだ肖像写真』有賀乕五郎
『東村史』
「ふるさと探訪其の30 福島のカメラマンたち」
 福島県立図書館報『あづま』53巻1号

詳しい情報の入手先(くわしいじょうほうのにゅうしゅさき)

白河市教育委員会(東庁舎) 東教育振興課
電話:0248-34-3146

関連HPへ(かんれんホームページへ)

白河市のHP

もどる