人物"/ 会津地域アイコン

公園・施設(こうえん・しせつ)

押切川公園庭園(おしきりがわこうえんていえん)

  • 地域(ちいき)

    会津地域(あいづちいき)
  • 市町村(しちょうそん)

    喜多方市(きたかたし)
  • カテゴリー:

    公園・施設(こうえん・しせつ)

紹介説明(しょうかいせつめい)

 押切川公園庭園 (おしきりがわこうえんていえん)には、アカマツ、ケヤキ、ウメ、コブシなど49種類の薬樹(やくじゅ)が植えられています。6月には水辺にアヤメが咲きほこり、美しい景色をじっくりと観賞(かんしょう)できます。また、秋には紅葉(こうよう)を楽しむことができます。
 園内の池には、飯豊山(いいでさん)からの伏流水(ふくりゅうすい) 【地下を流れるきれいな水】がわき水となって流れ込んでおり、清流に巣(す)を作るめずらしい魚イトヨがすんでいます。イトヨは、地元ではトゲチョと呼ばれ、体長3~4cmの小さな魚です。メスが産んだ卵をオスが守り育てるというおもしろい習性(しゅうせい)があり、喜多方市の魚に指定されています。

資料・他(しりょう・ほか)

詳しく調べるために(くわしくしらべるために)

<詳しい情報の入手先>
・喜多方市役所都市計画整備課
・喜多方市役所観光交流課
 
<現地までの交通案内>
・JR磐越西線「喜多方駅」より徒歩15分
・磐越自動車道「会津若松IC」より国道121号線で約30分
※押切川公園体育館に隣接

その他(そのほか)

  • 市の魚に指定

関連ホームページ(かんれんホームページ)

検索結果へ戻る(けんさくけっかへもどる)
  • トップページ
  • 文化伝統編(ぶんかでんとうへん)
  • 人物編(じんぶつへん)
  • 自然編(しぜんへん)
ページのトップへ