人物"/ 会津地域アイコン

天然記念物(てんねんきねんぶつ)

杓子ケ入メグスリノキ(しゃくしがいりめぐすりのき)

  • 地域(ちいき)

    会津地域(あいづちいき)
  • 市町村(しちょうそん)

    喜多方市(きたかたし)
  • カテゴリー:

    天然記念物(てんねんきねんぶつ)

紹介説明(しょうかいせつめい)

 杓子ケ入メグスリノキ(カエデ科カエデ属)は、会津盆地東部の雄国山麓中腹(おぐにさんろくちゅふく)、標高(ひょうこう)約650mの渓流沿い(けいりゅうぞい)に自生しています。幹の周り4.1m、樹の高さ約20m、樹齢約400年と推定される巨木です。
 メグスリノキは、その名のとおり樹皮・小枝・葉などを煎(せん)じて、洗眼(せんがん)【目薬】に用いられてきました。目をよく見えるようにするという意味から「千里眼(せんりがん)の木」とも呼ばれます。学術上(がくじゅつじょう)もたいへん貴重(きちょう)な木で、平成12年には、林野庁の「森の巨人たち100選」に選定されました。現在、樹木の保護と公開が行われています。

資料・他(しりょう・ほか)

詳しく調べるために(くわしくしらべるために)

<詳しい情報の入手先>
・メグスリノキ・巨樹巨木保全協議会(市教育委員会文化課内)

<現地までの交通案内>
・JR磐越西線「塩川駅」より車で約15分
・磐越自動車道「会津若松IC」より国道121号を経由し約30分

その他(そのほか)

  • 「森の巨人たち100選」(平成12年11月選定)
  • 市指定天然記念物

関連ホームページ(かんれんホームページ)

杓子ケ入メグスリノキ

検索結果へ戻る(けんさくけっかへもどる)