文化・伝統 県北地域アイコン

郷土芸能(きょうどげいのう)

二本松の祭り囃子(にほんまつのまつりばやし)

二本松市
  • 地域(ちいき)

    県北地域(けんぽくちいき)
  • 市町村(しちょうそん)

    二本松市(にほんまつし)
  • カテゴリー:

    郷土芸能(きょうどげいのう)

紹介説明(しょうかいせつめい)

 二本松神社(にほんまつじんじゃ)の秋祭りは「二本松の提燈祭り(ちょうちんまつり)」といわれ、氏子(うじこ)の7町内からそれぞれ太鼓台(たいこだい)がくり出し、祭りばやしを演奏(えんそう)します。祭りは10月4日から6日までで、太鼓台はこの間町内をねり歩きます。
 伝えられている曲数は町内によってちがいますが、いずれの曲目も演奏する時と場所がきびしく決まっています。
 県内の祭りばやしの中でも曲目が多く、しかも種類もさまざまで変化があります。さらににぎやかで地方色もこく、高い価値(かち)があるとされています。

詳しく調べるために(くわしくしらべるために)

<詳しい情報の入手先>
・二本松市教育委員会 文化課

その他(そのほか)

  • 県指定重要無形民俗文化財(昭和62年3月27日指定)

関連ホームページ(かんれんホームページ)

二本松市

二本松の祭り囃子

二本松の祭り囃子

二本松の祭り囃子

関係記事(かんけいきじ)

※関連(かんれん)する項目(こうもく)を表示(ひょうじ)しています。
クリックするとその項目のページへジャンプします。

検索結果へ戻る(けんさくけっかへもどる)