うつくしま電子事典

うつくしま電子事典
文化・伝統編人物編自然編 トップページへ
 

医学・科学(いがく・かがく)

羽根田利夫(はねだとしお)

南相馬市(みなみそうまし)

1910〜1992

明治(めいじ)〜平成(へいせい)

関連記事

※関連(かんれん)する項目(こうもく)を表示(ひょうじ)しています。
クリックするとその項目のページへジャンプします。

 

人物紹介(じんぶつしょうかい)

 羽根田利夫(はねだとしお)は、少年時代から天文学(てんもんがく)に興味(きょうみ)を持ち、自宅近くに手作りの観察小屋(かんさつごや)をつくり、天体観測(てんたいかんそく)をつづけました。
 約40年間にわたる観測は、1978年9月1日のすい星発見につながりました。当時、羽根田氏は68歳で、世界最高齢(せかいさいこうれい)のすい星発見者となりました。
 すい星は、羽根田氏と、ほぼ同時に発見したアフリカのカンポス氏の名をとり、ハネダ・カンポスすい星と名づけられました。

資料・他(しりょう・ほか)

『私の新彗星発見記』
『星座・ハネダ、カンポス彗星発見記』
『福島の理科ものがたり』
『星のかなたに夢を求めて』

主な業績(おもなぎょうせき)

1978年新すい星を発見しました。
1979年『私の新彗星(すいせい)発見記』がノンフィクション文学賞に入選しました。

関連する史跡・施設(かんれんするしせき・しせつ)

彗星発見の地1970年代につくられたと思われる観測小屋の礎石跡(そせきあと)です。住所:南相馬市原町区馬場字川久保
南相馬市博物館すい星発見の望遠鏡や資料が展示されています。
解説板
(かいせつばん)
2003年すい星発見の地に利夫の業績をたたえるためおかれました。

詳しい情報の入手先(くわしいじょうほうのにゅうしゅさき)

南相馬市博物館 電話:0244-23-6421

関連HPへ(かんれんホームページへ)

南相馬市のHP

もどる