人物"/ 会津地域アイコン

天然記念物(てんねんきねんぶつ)

雄国沼湿原(おぐにぬましつげん)

  • 地域(ちいき)

    会津地域(あいづちいき)
  • 市町村(しちょうそん)

    北塩原村(きたしおばらむら)
  • カテゴリー:

    天然記念物(てんねんきねんぶつ)

紹介説明(しょうかいせつめい)

 雄国沼(おぐにぬま)は、火山の活動によりできた大きなくぼ地が湖となったもので、カルデラ湖といわれています。この沼はニッコウキスゲの大群落(だいぐんらく)が有名で、雄国沼湿原植物群落(おぐにぬましつげんしょくぶつぐんらく)として国の天然記念物に指定されています。
 湿原は高さ1,000mの所にあり、まわりを深いブナ林にかこまれています。初夏にはレンゲツツジ、6月末から7月初めには沼の南の湿原でニッコウキスゲの大群落が咲きほこり、たくさんのハイカーやカメラマンがおとずれます。

資料・他(しりょう・ほか)

詳しく調べるために(くわしくしらべるために)

<現地までの交通案内>
・JR磐越西線「猪苗代駅」より磐梯東都バス磐梯高原休暇村行きで40分 「磐梯高原駅」下車、雄子沢口までタクシーで10分、湿原までは徒歩2時間

その他(そのほか)

  • 国の天然記念物に指定(昭和32年)

関連ホームページ(かんれんホームページ)

検索結果へ戻る(けんさくけっかへもどる)
  • トップページ
  • 文化伝統編(ぶんかでんとうへん)
  • 人物編(じんぶつへん)
  • 自然編(しぜんへん)
ページのトップへ