文化・伝統 県北地域アイコン

郷土芸能(きょうどげいのう)

川前愛宕獅子舞(かわまえあたごししまい)

  • 地域(ちいき)

    県北地域(けんぽくちいき)
  • 市町村(しちょうそん)

    伊達市(だてし)
  • カテゴリー:

    郷土芸能(きょうどげいのう)

紹介説明(しょうかいせつめい)

 川前愛宕獅子舞(かわまえあたごししまい)は、伊達市梁川町舟入の愛宕神社に伝わる獅子舞です。愛宕神社が現在の場所にうつされた、今からおよそ340年前の寛文(かんぶん)年間、この地区に流行した悪い伝染病(でんせんびょう)がおさまることを願って神前(しんぜん)に奉納(ほうのう)したのが始まりと伝えられています。
 おどり手は、三匹獅子(さんびきしし)と太鼓打ち(たいこうち)、軍配(ぐんばい)、ささら、花持ち(はなもち)、弓持ち(ゆみもち)、刀持ち(かたなもち)の10人です。毎年5月3日と11月3日の愛宕神社の祭礼日(さいれいび)に奉納されます。
 祭りの当日は、朝早く当番の家に集まり精進潔斎(しょうじんけっさい)します。おはらいを受けたあと、3つの舞をおどります。その後、氏子の家をおどってめぐり、最後に愛宕神社(あたごじんじゃ)ですべての演目をおどります。

詳しく調べるために(くわしくしらべるために)

<詳しい情報の入手先>
・伊達市教育委員会

<直接現地へ行くまでの交通案内>
・阿武隈急行「富野駅」下車、徒歩20分

その他(そのほか)

  • 市指定無形民俗文化財
  • 川前愛宕獅子舞の写真は、『うつくしま教育情報データベース』の「懸田先生所蔵写真データ42」1ブロックの8・21、2ブロックの1・5に掲載されています。

関連ホームページ(かんれんホームページ)

ムービー

検索結果へ戻る(けんさくけっかへもどる)
  • トップページ
  • 文化伝統編(ぶんかでんとうへん)
  • 人物編(じんぶつへん)
  • 自然編(しぜんへん)
ページのトップへ