文化・伝統 会津地域アイコン

文化財(ぶんかざい)

松本図書父子肖像掛軸(まつもとずしょふししょうぞうかけじく)

  • 地域(ちいき)

    会津地域(あいづちいき)
  • 市町村(しちょうそん)

    会津美里町(あいづみさとまち)
  • カテゴリー:

    文化財(ぶんかざい)

紹介説明(しょうかいせつめい)

 松本氏(まつもとし)は会津中世の武士(ぶし)で、会津地方の戦国大名(せんごくだいみょう)だった葦名氏(あしなし)の有力な家臣(かしん)でした。松本氏の起源(きげん)はよくわかりませんが、鎌倉時代から後に会津に住んでいた武士(ぶし)であったことは、ほぼまちがいありません。この掛軸(かけじく)が伝えられた松沢寺は、松本氏が開いたといわれ、また松本氏の住まいも近くにあります。中世の記録(きろく)などがひじょうに少ない会津においては、貴重(きちょう)な絵画資料(かいがしりょう)といえます。

詳しく調べるために(くわしくしらべるために)

<直接現地へ行くまでの交通案内>
永井野長福寺
・JR只見線「会津高田駅下車」 路線バス5分 

その他(そのほか)

  • 町指定重要文化財(昭和51年4月30日指定)
  • 所有者:松沢寺【管理者:長福寺】 

関連ホームページ(かんれんホームページ)

ムービー

松本図書父子肖像掛軸

検索結果へ戻る(けんさくけっかへもどる)
  • トップページ
  • 文化伝統編(ぶんかでんとうへん)
  • 人物編(じんぶつへん)
  • 自然編(しぜんへん)
ページのトップへ