人物"/ 県中地域アイコン

公園・施設(こうえん・しせつ)

岩瀬牧場(いわせぼくじょう)

  • 地域(ちいき)

    県中地域(けんちゅうちいき)
  • 市町村(しちょうそん)

    鏡石町(かがみいしまち)
  • カテゴリー:

    公園・施設(こうえん・しせつ)

紹介説明(しょうかいせつめい)

 岩瀬牧場は、明治の初めに2,700町歩(ちょうぶ)もの広い原野が宮内省直営(くないしょうちょくえい)で切りひらかれ、国内初の西欧式(せいおうしき)牧場として誕生しました。その後明治40年には、日本で初めてオランダから13頭の乳牛(オランダホルスタイン)と農機具(のうきぐ)を導入(どうにゅう)しました。この時、友好のあかしとしてオランダから青銅(せいどう)の鐘(かね)がおくられ、その鐘は半世紀以上にわたり朝・昼・晩と牧場作業の始まりと終わりを告げていました。
 『ただ一面にたちこめた 牧場の朝の霧の海~』で始まる小学校唱歌『牧場の朝』は、この青銅の鐘と岩瀬牧場がモデルになっています。現在でも、朝と昼には鏡石町内に『牧場の朝』のメロディが鳴りひびき、町民に親しまれています。
 現在の岩瀬牧場は観光牧場として整備され、フラワーガーデンや乗馬、農業体験(のうぎょうたいけん)などを楽しむことができます。

資料・他(しりょう・ほか)

詳しく調べるために(くわしくしらべるために)

<詳しい情報の入手先>
・岩瀬牧場 電話:0248-62-6789

<現地までの交通案内>
・JR東北本線「鏡石駅」下車徒歩25分
・東北自動車道「鏡石PAスマートIC」から車で5分
・福島空港から車で15分

その他(そのほか)

関連ホームページ(かんれんホームページ)

岩瀬牧場

岩瀬牧場

岩瀬牧場

検索結果へ戻る(けんさくけっかへもどる)