うつくしま電子事典 人物一覧ページ 検索ページ トップページ

【保原町】
三浦謹之助(みうらきんのすけ)

【業績分類】 【生没年】 【時代】
教育・医学・科学 1864〜1950 江戸時代〜昭和
【人物紹介】
三浦は幕末に高成田村(保原町)の眼科医の長男に生まれた。明治28年東京帝国大学医学部教授、医学博士となり、多くの医学生を世に送り出した。明治36年日本内科医学会を創立した。大正7年東京帝国大学付属病院長。大正13年東京帝国大学を退官。大正14年日本内科医学会理事長。昭和24年には文化勲章を受章した。三浦は名医の評判が高かった。著名人が競って診察に訪れたという。また宮内省御用掛医師として明治天皇や大正天皇を診察したことでも知られる。

【基本資料】
三浦謹之助先生(昭和39年)

【主な業績】
日本内科学会の創設に尽力したほか、内科医療の研究業績も多い、名医の評判が高く、天皇の診察もされた。教育者としては多くのすぐれた門弟を育てた。

【のちに与えた影響】
門弟から多くのすぐれた医者が輩出した。

【関連する史跡・施設】
生家保原町高成田に当時の門や診察室が残っている
銅像昭和44年
顕彰碑昭和8年

【関連文献】
三浦謹之助先生(昭和39年)
医学者たちの―五〇年(1996年 三浦義彰著)

【詳しく調べるために】
<詳しい情報の入手先:>
保原町歴史文化資料館

<現地へ行くまでの交通案内:>
阿武隈急行 大泉駅

【その他】
保原町のHP

戻る


福島県教育委員会