うつくしま電子事典 人物一覧ページ 検索ページ トップページ

【岩代町】
渡邊閑哉(わたなべかんさい)

【業績分類】 【生没年】 【時代】
郷土開発 1799〜1873 江戸時代〜明治

渡邉閑哉

閑哉の頌徳碑 下長折諏訪神社

閑哉竹のおいしげる口太川
【人物紹介】
渡邊閑哉は、岩代町に1799年に生まれました。小さいころから学問が好きで、いろいろな学問を学びました。閑哉は、そののち布沢村や鈴石村の名主(村長)になりました。びんぼうでこまっている村をよくするために、あれ地には馬れいしょを作らせ、洪水をふせぐために川に竹を植えさせるなどして開こんをすすめ、りっぱな村にしました。閑哉は、その後、安積三原の開拓をとなえ、運動をおこなったり、地理や水利を調べて水路の計画をたてました。1873年8月に安積疏水の許可を見ないでなくなりました。同年10月に開こんの許可がおり、安積疏水の工事が始まりました。

【基本資料】
わたしたちの町いわしろ(岩代町教育委員会)
安達管内小学校長会編「わたくしたちの郷土―安達」 (昭和41年 福島県安達管内小学校長会)

【主な業績】
19歳のとき、布沢村の名主(村長)をまかされ、まずしい村を3,4年でたてなおしました。
1849年、鈴石村の名主(村長)をまかされ、村の借財を5,6年で返却し、鈴石村を救いました。
1858年、大洪水がおこり、鹿児島県から苗をとりよせて、台明竹を植えさせました。同じころ須賀川の馬れいしょをとりよせて村全体に作らせました。
1870年、今泉一三郎と共に安積三原の実地調査をして、建白書を提出しました。

【のちに与えた影響】
閑哉がすすめた馬れいしょを、今でも閑哉芋(かんぷら芋)とよび、閑哉が川岸をまもるために植えた竹を閑哉竹とよんでいます。

【関連する史跡・施設】
閑哉の頌徳碑
閑哉の墓
閑哉が使ったといわれる井戸

【副読本】
わたしたちの町いわしろ (岩代町教育委員会)

【関連文献】
安達管内小学校長会編「わたくしたちの郷土−安達」(昭和41年 福島県安達管内小学校長会)
小浜町郷土読本 (平島郡三郎著)
岩代町史 (岩代町)
小浜小学校沿革史
安積疏水の歴史

【詳しく調べるために】
<詳しい情報の入手先:>
岩代町教育委員会教育総務課 (TEL0243-55-3461)

<現地へ行くまでの交通案内:>
閑哉の頌徳碑 下長折諏訪神社の鳥居の横

【その他】
岩代町のHP

戻る


福島県教育委員会