うつくしま電子事典

うつくしま電子事典
文化・伝統編人物編自然編 トップページへ
 

文化・芸術(ぶんか・げいじゅつ)

横山丁々(よこやまていてい)

新地町(しんちまち)

1892〜1941

明治(めいじ)〜昭和(しょうわ)

横山丁々
横山丁々

横山丁々句碑
横山丁々句碑


関連記事

※関連(かんれん)する項目(こうもく)を表示(ひょうじ)しています。
クリックするとその項目のページへジャンプします。

 

人物紹介(じんぶつしょうかい)

 盛岡高等農林学校【現在の岩手大学農学部】を卒業しました。
 社会人となり間もなく、病気のため両足が麻痺(まひ)してしまい、故郷(こきょう)に帰り、俳人(はいじん)高浜虚子(たかはまきょし)の指導(しどう)のもとで俳句をつくり、高浜虚子が中心となって発行していた『ほととぎす』に俳句を発表して名声(めいせい)を高めました。
 また、みずから、俳句雑誌(はいくざっし)『野ぶどう』を発行し、東北から関東地方の俳人たちを育てました。下半身(かはんしん)麻痺にめげず、俳句に生きるよろこびをもとめ、俳句ひとすじに生きた生涯(しょうがい)でした。

資料・他(しりょう・ほか)

『ほととぎす』俳句雑誌
『野ぶどう』俳句雑誌
「福島民報新聞」

主な業績(おもなぎょうせき)

東京朝日新聞社主催の日本百景(ひゃっけい)の俳句の募集(ぼしゅう)に松川浦を題材(だいざい)によんだ俳句が入選し、松川浦に句碑(くひ)が建てられました。
俳句雑誌『野ぶどう』をつくり、東北から関東地方の俳人を育てました。

のちに与えた影響(のちにあたえたえいきょう)

 郷土に俳句をつくるグループが生まれ、近くの市町村に活動が広がりました。現在も新地町に「野ぶどう句会」という組織があり、句会をおこなっています。

関連する史跡・施設(かんれんするしせき・しせつ)

句碑昭和初期、友人や句友が横山丁々の俳句をたたえてたてました。

詳しい情報の入手先(くわしいじょうほうのにゅうしゅさき)

新地町教育委員会電話:0244-62-4477
住所:〒979-2792 新地町谷地小屋字樋掛田30
メールアドレス:kyoiku@shinchi-town.jp

関連HPへ(かんれんホームページへ)

新地町のHP

もどる