うつくしま電子事典

うつくしま電子事典
文化・伝統編人物編自然編 トップページへ
 

伝統行事(でんとうぎょうじ)

山入歌舞伎(やまいりかぶき)

会津地域(あいづちいき)

金山町(かねやままち)

伝統行事(でんとうぎょうじ)

山入歌舞伎
山入歌舞伎

山入歌舞伎
山入歌舞伎

山入歌舞伎
山入歌舞伎


山入歌舞伎1

山入歌舞伎2

山入歌舞伎3

山入歌舞伎4

関連記事

※関連(かんれん)する項目(こうもく)を表示(ひょうじ)しています。
クリックするとその項目のページへジャンプします。

 

紹介説明(しょうかいせつめい)

 金山町山入(やまいり)地区では、昔から地元の人たちにより芝居(しばい)が行われていました。それはゲームなどの遊び道具が少ない時代に、大きな娯楽(ごらく)となっていました。
 その芝居の伝統(でんとう)は、昭和20年代後半に一時とだえてしまいましたが、地区の人が芝居の復活(ふっかつ)をめざし、平成2年には山入近隣会(やまいりきんりんかい)という組織(そしき)を母体(ぼたい)として復活しました。
 平成14年には山入地区に芸能伝承館(げいのうでんしょうかん)が完成しました。本格的(ほんかくてき)なステージで、毎年9月5日のお祭りの日に歌舞伎(かぶき)が演(えん)じられます。

詳しく調べるために(くわしくしらべるために)

<直接現地へ行くまでの交通案内>
芸能伝承館
・JR只見線「横田駅」下車 タクシーで10分
・会津若松から国道252線経由県道布沢・横田線で約100分

関連HPへ(かんれんホームページへ)

金山町HPへ
関連画像HPへ
関連HPへ

もどる