うつくしま電子事典

うつくしま電子事典
文化・伝統編人物編自然編 トップページへ
 

名山・渓谷・遊歩道(めいざん・けいこく・ゆうほどう)

女神山(めがみやま)

県北地域(けんぽくちいき)

伊達市(だてし)

名山・渓谷・遊歩道(めいざん・けいこく・ゆうほどう)

女神山
女神山


関連記事

※関連(かんれん)する項目(こうもく)を表示(ひょうじ)しています。
クリックするとその項目のページへジャンプします。

 

紹介説明(しょうかいせつめい)

 高さ599.4m。信仰(しんこう)の山として地域の人々に古くから親しまれており、たくさんの伝説がのこされています。
 今から1,400年前、崇峻天皇(すしゅんてんのう)の妃(きさき)であった小手姫(おてひめ)という女性がおりました。夫であった崇峻天皇が政変(せいへん)で突然(とつぜん)亡くなって、息子の蜂子皇子(はちこのおうじ)は東国に新しい国をつくろうと京を旅立ち、小手姫は愛する息子のあとを追って東国を目指します。しかし、小手姫は最愛(さいあい)の息子に出会うことができないまま病(やまい)に倒れ、とうとうこの地で非業(ひごう)の最期(さいご)をむかえます。
 女神山は、生き別れになった母と子の悲しい伝説がのこる山です。

資料・他(しりょう・ほか)

『月館町史』ほか

詳しく調べるために(くわしくしらべるために)

<詳しい情報の入手先>
・伊達市教育委員会文化体育係

<現地までの交通案内>
・JR「福島駅」より車で60分

その他(そのた)

市指定名勝

関連HPへ(かんれんホームページへ)

伊達市HP

もどる