うつくしま電子事典

うつくしま電子事典
文化・伝統編人物編自然編 トップページへ
 

文化財(ぶんかざい)

八幡神社(はちまんじんじゃ)

県北地域(けんぽくちいき)

伊達市(だてし)

文化財(ぶんかざい)

八幡神社 本殿
八幡神社 本殿


関連記事

※関連(かんれん)する項目(こうもく)を表示(ひょうじ)しています。
クリックするとその項目のページへジャンプします。

 

紹介説明(しょうかいせつめい)

 文治(ぶんじ)5(1189)年、奥州合戦(おうしゅうかっせん)での手がらにより源頼朝(みなもとのよりとも)から伊達郡を賜(たまわ)った中村朝宗(ともむね)は、常陸(ひたち)の国からこの地にうつり住み「伊達氏」を名乗るようになります。
 朝宗は現在の保原町高子(たかこ)に住み、敷地(しきち)内に亀岡八幡宮をまつり、鎌倉の鶴岡八幡宮(つるがおかはちまんぐう)から分霊(ぶんれい)【神社の神様の霊を分けること】をうつしました。以後、八幡神社は伊達家の神様として信仰(しんこう)されます。
 室町時代のはじめに伊達家が梁川にうつると、八幡神社も梁川の現在地にうつされ、天文(てんぶん)元(1532)年ごろ、伊達稙宗(たねむね)の代に桑折へうつると、八幡神社も桑折にうつされ、伊達家の領地(りょうち)がうつるたびに、八幡神社も各地を転々としました。
 天正(てんしょう)10(1582)年には、伊達政宗(まさむね)が梁川の亀岡八幡神宮に戦勝祈願(せんしょうきがん)のお参りをしました。
 八幡神社の周辺(しゅうへん)は福島県の史跡(しせき)および名勝(めいしょう)として指定を受けています。

資料・他(しりょう・ほか)

『梁川町史』
 第10巻「文化・旧町村沿革」
 第11巻「くらし」
『梁川町の文化財』

詳しく調べるために(くわしくしらべるために)

<詳しい情報の入手先>
・伊達市教育委員会

<直接現地へ行くまでの交通案内>
・阿武隈急行「やながわ希望の森公園前駅」下車、徒歩20分

その他(そのた)

県指定史跡・名勝【旧梁川八幡神社並びに別当寺境域】

関連HPへ(かんれんホームページへ)

伊達市HPへ
関連画像HPへ
関連HPへ1
関連HPへ2

もどる