うつくしま電子事典

うつくしま電子事典
文化・伝統編人物編自然編 トップページへ
 

文化財(ぶんかざい)

長谷部家住宅(はせべけじゅうたく)

南会津地域(みなみあいづちいき)

只見町(ただみまち)

文化財(ぶんかざい)

長谷部家住宅
長谷部家住宅


関連記事

※関連(かんれん)する項目(こうもく)を表示(ひょうじ)しています。
クリックするとその項目のページへジャンプします。

 

紹介説明(しょうかいせつめい)

 長谷部家住宅(はせべけじゅうたく)は、江戸時代、八十里越(はちじゅうりごえ)の番所(ばんしょ)がおかれていた所です。番所とは関所(せきしょ)のことで、物や通行人の監視(かんし)をしていました。建てられた年代は、江戸の後期と予想(よそう)されています。
 昭和48年3月23日に県の重要文化財(じゅうようぶんかざい)の指定を受けました。只見町大字叶津字居平(おおあざかのうづあざいだいら)458番地にあります。

詳しく調べるために(くわしくしらべるために)

<詳しい情報の入手先>
・只見町教育委員会 電話:0241-82-5320

<直接現地へ行くまでの交通案内>
・JR只見線「只見駅」より車で約10分

その他(そのた)

県指定重要文化財(昭和48年3月23日指定)

関連HPへ(かんれんホームページへ)

只見町HPへ
関連画像HPへ
関連HPへ

もどる