うつくしま電子事典

うつくしま電子事典
文化・伝統編人物編自然編 トップページへ
 

天然記念物(てんねんきねんぶつ)

中山風穴地特殊植物群落(なかやまふうけつちとくしゅしょくぶつぐんらく)

南会津地域(みなみあいづちいき)

下郷町(しもごうまち)

天然記念物(てんねんきねんぶつ)

中山風穴入口
中山風穴入口

オオタカネバラ群生
オオタカネバラ群生

ミヤマザクラ
ミヤマザクラ


関連記事

※関連(かんれん)する項目(こうもく)を表示(ひょうじ)しています。
クリックするとその項目のページへジャンプします。

 

紹介説明(しょうかいせつめい)

 中山風穴地(なかやまふうけつち)は標高(ひょうこう)500m前後であるのに、寒地性植物(かんちせいしょくぶつ)・高山性植物(こうざんせいしょくぶつ)が群生(ぐんせい)しています。北海道と本州北部でわずかにみられるオオタカネバラの群落(ぐんらく)は本州最大の規模(きぼ)をほこります。
 これらのきわめてめずらしい植物群落のひみつは、風穴(ふうけつ)とよばれる特別なつくりにあります。風穴とは、地中の岩や石のすき間から冷たい空気が出る場所のことをいい、このすき間から4〜10月の間冷風がふき出しています。なぜ冷風が吹き出すかはいまだはっきり解き明かされていませんが、一説には地中に無数のすき間があり、そこに雪どけ水が流れこんで氷となり、春から秋にかけ気圧(きあつ)の差により冷風が吹き出しているのではないかといわれています。真夏でも地表の温度は10度前後にしかならないため、ふつうは標高1,500〜2,500m級の山々に咲く高山性植物が群生しています。この群落は学門上の価値(かち)が高いということから、昭和39年に国の天然記念物に指定されました。

資料・他(しりょう・ほか)

『下郷町史』 第6巻 自然編 第6章 植物

詳しく調べるために(くわしくしらべるために)

<詳しい情報の入手先>
・下郷町役場教育委員会文化財保護係

<現地までの交通案内>
・会津鉄道「湯野上温泉駅」より徒歩30分

その他(そのた)

国指定天然記念物

もどる