うつくしま電子事典

うつくしま電子事典
文化・伝統編人物編自然編 トップページへ
 

医学・科学(いがく・かがく)

中村善右衛門(なかむらぜんうえもん)

伊達市(だてし)

1809〜1880

江戸時代(えどじだい)〜明治(めいじ)

中村善右衛門 夫妻
中村善右衛門 夫妻

蚕当計と「蚕当計秘訣」
蚕当計と「蚕当計秘訣」


関連記事

※関連(かんれん)する項目(こうもく)を表示(ひょうじ)しています。
クリックするとその項目のページへジャンプします。

 

人物紹介(じんぶつしょうかい)

 中村善右衛門(なかむらぜんうえもん)は1809年、伊達郡梁川村【現在の伊達市梁川町】の養蚕農家(ようさんのうか)だった二代目善右衛門の長男として生まれました。当時、梁川地方では農家のほとんどが養蚕を行っており、蚕(かいこ)を「蚕様(かいこさま)」とよんでいました。
 江戸時代の養蚕は清涼育(せいりょういく)とよばれる方法が一般的(いっぱんてき)でしたが、低温の時は時間も人手もかかるうえに繭(まゆ)の質(しつ)も悪くなりました。一方、蚕室(さんしつ)を暖める温暖育(おんだんいく)が飼育期間(しいくきかん)を短くさせるとともに、繭質(まゆしつ)を安定させることが経験上(けいけんじょう)知られていました。しかし、温度管理(おんどかんり)は人のカンにたよらなければならなかったため、失敗(しっぱい)も多くありました。
 ある日、善右衛門がかぜで診察(しんさつ)を受けた時に見た体温計(たいおんけい)にヒントを得て、改良(かいりょう)を重ね蚕当計(さんとうけい)を考えました。蚕当計の手引書(てびきしょ)『蚕当計秘訣(ひけつ)』を発行(はっこう)し、温暖育の普及(ふきゅう)をはかりました。

資料・他(しりょう・ほか)

『人づくり風土記』 社団法人農山漁村文化協会 1990年
『−わたしたちの梁川町−社会科しりょう』 梁川町教育委員会
「中村善右衛門」(ビデオテープ)
『蚕当計秘訣』 中村善右衛門
『梁川町史』 第2巻「近世」 梁川町 1999年
『温度をはかる』 (株)仮説社 2002年

のちに与えた影響(のちにあたえたえいきょう)

 蚕当計がひろまったことで蚕室の温度調節ができるようになり、繭(まゆ)の品質が向上しました。

関連する史跡・施設(かんれんするしせき・しせつ)

蚕当計功徳碑
(こうとくひ)
善右衛門が亡くなった後、全国の有志(ゆうし)によって、広瀬川を見下ろす公園に建てられました。
墓所(ぼしょ)妻いそと一緒に安養寺(あんようじ)の墓地へほうむられました。

詳しい情報の入手先(くわしいじょうほうのにゅうしゅさき)

伊達市教育委員会電話:024-577-3245

現地へ行くまでの交通案内(げんちへいくまでのこうつうあんない)

安養寺阿武隈急行線「やながわ希望の森公園前駅」から徒歩約10分

もどる