うつくしま電子事典

うつくしま電子事典
文化・伝統編人物編自然編 トップページへ
 

文化・芸術(ぶんか・げいじゅつ)

鈴木正夫(すずきまさお)

新地町(しんちまち)

1900〜1961

明治(めいじ)〜昭和(しょうわ)

鈴木正夫
鈴木正夫

鈴木正夫と家族
鈴木正夫と家族

鈴木正夫 民謡碑
鈴木正夫 民謡碑


関連記事

※関連(かんれん)する項目(こうもく)を表示(ひょうじ)しています。
クリックするとその項目のページへジャンプします。

 

人物紹介(じんぶつしょうかい)

 レコード会社、ビクター専属(せんぞく)の民謡歌手(みんようかしゅ)です。『相馬流山(ながれやま)』、『相馬盆歌(ぼんうた)』など、相馬の民謡を全国に広めました。
 全国各地の民謡を歌い、独特(どくとく)の味わい深い民謡歌手として日本民謡界の第一人者(だいいちにんしゃ)といわれました。NHKの紅白歌合戦にも出演(しゅつえん)し、全国の人々の心をひきつけました。

資料・他(しりょう・ほか)

『ひびけ天高く』 目黒美津英著
『日本民謡殿堂・人物30選』
『我が心の歌』日本民謡芸能教会会長 池田桃岳著

主な業績(おもなぎょうせき)

日本の民謡、二千曲をレコーディングしました。
日本の民謡のよさを全国の人々に印象づけました。
多くの民謡歌手を育てました。
古い民謡を発掘しました。
戦後のすさんだ日本人の心にうるおいと夢をあたえました。

のちに与えた影響(のちにあたえたえいきょう)

 長男・秀が二代鈴木正夫として活躍(かつやく)しました。全国各地に民謡教室がうまれ、日本民謡が広まりました。

関連する史跡・施設(かんれんするしせき・しせつ)

鈴木正夫顕彰碑
(けんしょうひ)
昭和51年、宮城県丸森町の人々が鈴木正夫をたたえるために建てました。

詳しい情報の入手先(くわしいじょうほうのにゅうしゅさき)

新地町教育委員会電話:0244-62-4477
住所:〒979-2792
新地町谷地小屋字樋掛田
(やちごやあざといかけだ)30
Eメールアドレス:
kyoiku@shinchi-town.jp

現地へ行くまでの交通案内(げんちへいくまでのこうつうあんない)

鈴木正夫顕彰碑JR常磐線「駒ヶ嶺駅」より約4km、
国道6号線より約3km

関連HPへ(かんれんホームページへ)

新地町のHP

もどる