うつくしま電子事典

うつくしま電子事典
文化・伝統編人物編自然編 トップページへ
 

文化財(ぶんかざい)

白幡のいちょう(しらはたのいちょう)

相双地域(そうそうちいき)

新地町(しんちまち)

文化財(ぶんかざい)

白幡のいちょう
白幡のいちょう

白幡のいちょう
白幡のいちょう


関連記事

※関連(かんれん)する項目(こうもく)を表示(ひょうじ)しています。
クリックするとその項目のページへジャンプします。

 

紹介説明(しょうかいせつめい)

 このイチョウは、国道113号線ぞいの丘の上に生えています。木の大きさは、高さ23m、大人の目の高さで幹(みき)の太さが11.43mあり、枝(えだ)は東西南北におよそ50m広がっています。平成3年に、生えてから何年たつかを調べたところ、およそ230年たっていることが分かりました。
 また、「伊達政宗(だてまさむね)がせめてきた時に持っていたいちょうのむちが根づいたものである。」という伝説(でんせつ)がのこっており、別名「さかさいちょう」ともよばれています。木の下には、白幡八幡神社(しろはたはちまんじんじゃ)があり、今でも地いきの人々に信仰(しんこう)されています。

資料・他(しりょう・ほか)

『新地町史自然民俗編』
 新地町史編さん委員会編集・新地町教育委員会発行
『新地町の文化財ご案内』 新地町教育委員会編集・発行
ほか、多数

詳しく調べるために(くわしくしらべるために)

<詳しい情報の入手先>
・新地町教育委員会 電話:0244-62-4477

<直接現地へ行くまでの交通案内>
国道6号線塚部交差点より西に約1km

その他(そのた)

県指定天然記念物(平成9年指定)

関連HPへ(かんれんホームページへ)

新地町HPへ
関連HPへ

もどる