うつくしま電子事典

うつくしま電子事典
文化・伝統編人物編自然編 トップページへ
 

郷土開発(きょうどかいはつ)

佐藤友信(さとうとものぶ)

伊達市(だてし)

1718〜1786

江戸時代(えどじだい)〜江戸時代(えどじだい)

佐藤友信
佐藤友信




関連記事

※関連(かんれん)する項目(こうもく)を表示(ひょうじ)しています。
クリックするとその項目のページへジャンプします。

 

人物紹介(じんぶつしょうかい)

 旧霊山町掛田(かけだ)の養種家(ようしゅか)だった佐藤家の8代目として生まれました。父親がのこした50さつの養蚕帳(ようさんちょう)をもとに『養蚕茶話記(さわき)』を書きました。この『養蚕茶話記』は、日本で有数の養蚕地となった信達地方の養蚕の技術(ぎじゅつ)の本といわれています。

資料・他(しりょう・ほか)

『霊山町史』
『りょうぜん』小学校社会科資料集
『養蚕茶話記』

主な業績(おもなぎょうせき)

養蚕の普及につとめました。

のちに与えた影響(のちにあたえたえいきょう)

養蚕の技術発展に貢献しました。

詳しい情報の入手先(くわしいじょうほうのにゅうしゅさき)

福島県文化センター歴史資料館

関連HPへ(かんれんホームページへ)

伊達市のHP

もどる