うつくしま電子事典

うつくしま電子事典
文化・伝統編人物編自然編 トップページへ
 

文化財(ぶんかざい)

郡山市公会堂(こおりやましこうかいどう)

県中地域(けんちゅうちいき)

郡山市(こおりやまし)

文化財(ぶんかざい)

郡山市公会堂
郡山市公会堂

現在の郡山市公会堂
現在の郡山市公会堂


関連記事

※関連(かんれん)する項目(こうもく)を表示(ひょうじ)しています。
クリックするとその項目のページへジャンプします。

 

紹介説明(しょうかいせつめい)

 郡山市公会堂(こおりやまこうかいどう)は、大正13(1924)年に郡山町(こおりやまち)が小原田村(こはらだむら)を合ぺいして、郡山市として市の制度をはじめたことを記念(きねん)して建てられた建物です。設計(せっけい)は、大阪の中之島公会堂(なかのしまこうかいどう)やオランダのハーグ宮(きゅう)を参考(さんこう)にしたと伝えられています。
 工事は、大正11(1922)年10月20日からはじめられましたが、大正12(1923)年9月1日に起きた関東大震災(かんとうだいしんさい)のため、一部の資材(しざい)がとどかなくなって中断(ちゅうだん)しました。ふたたび工事がはじめられたのは、大正13(1924)年2月のことでした。建築にかかったお金は、当時で163,000円でした。
 公会堂は、鉄筋(てっきん)コンクリートづくりの2階建で、塔屋(とうや)が付いており、屋根は銅板葺(どうばんぶき)です。建築面積(けんちくめんせき)は、1,102平方メートルです。

資料・他(しりょう・ほか)

『郡山の歴史』 郡山市 平成16(2004)年9月1日

詳しく調べるために(くわしくしらべるために)

<詳しい情報の入手先>
郡山市歴史資料館/住所:郡山市麓山一丁目8番3号
         電話:024-932-5306

郡山市中央図書館/住所:郡山市麓山一丁目5番25号
         電話:024-923-6601

<直接現地へ行くまでの交通案内>
郡山市公会堂/住所:郡山市麓山一丁目8番4号
       JR郡山駅発福島交通バス
       麓山経由「麓山一丁目」停留所下車、
       または池ノ台経由「図書館前」停留所下車
       (約10分)

その他(そのた)

国登録有形文化財(平成14年6月25日指定)

関連HPへ(かんれんホームページへ)

郡山市HPへ
関連HPへ

もどる