うつくしま電子事典

うつくしま電子事典
文化・伝統編人物編自然編 トップページへ
 

文化・芸術(ぶんか・げいじゅつ)

久米正雄(くめまさお)

郡山市(こおりやまし)

1891〜1952

明治(めいじ)〜昭和(しょうわ)

久米正雄
久米正雄


関連記事

※関連(かんれん)する項目(こうもく)を表示(ひょうじ)しています。
クリックするとその項目のページへジャンプします。

 

人物紹介(じんぶつしょうかい)

 久米正雄(くめまさお)は、1891年に長野県で生まれましたが、父親が自ら命をたったことにより6歳の時に郡山へ越して来ました。中学生の頃から俳句(はいく)をはじめ、旧制一校時代には「魚城(ぎょじょう)の三汀(さんてい)」とよばれ、国内に広く名が知られるようになりました。
 東京帝国(ていこく)大学に入学すると、同級生の芥川龍之介(あくたがわりゅうのすけ)たちと『新思潮(しんしちょう)』という雑誌(ざっし)を発行します。久米が発表した『牛乳屋の兄弟』は東京の劇場(げきじょう)で上演(じょうえん)され、一躍(いちやく)若手の劇作家(げきさっか)としてデビューします。
 その後、小説家となり、『破船(はせん)』や『月よりの使者』などの作品をのこしました。特に、短編集(たんぺんしゅう)の『学生時代』は有名です。

資料・他(しりょう・ほか)

『企画展「久米正雄展」展示パンフレット』
 こおりやま文学の森資料館 2002年7月13日発行
『久米正雄』 郡山青年会議所発行
『郡山市史 5 近代(下)』
『福島県史 20 文化1』
『久米正雄全集』

のちに与えた影響(のちにあたえたえいきょう)

 日本近代文学史上に『新思潮派(しんしちょうは)』というあらたな流れをつくりました。その業績をたたえるため、郡山市内の中学3年生を対象に「久米賞」がもうけられています。

関連する史跡・施設(かんれんするしせき・しせつ)

久米正雄記念館2000年に郡山市がその業績を顕彰(けんしょう)するために建てました。
久米三汀句碑
(さんていくひ)
2000年に郡山市がその業績を顕彰するため、こおりやま文学の森資料館敷地内(しきちない)に建てました。
久米三汀句碑1953年に郡山青年文化協会が久米一周忌(いっしゅうき)の記念に、郡山市開成山(かいせいざん)公園内に建てました。
久米三汀句碑1966年に金透(きんとう)小学校が卒業生(そつぎょうせい)の偉業(いぎょう)をたたえるため、郡山市堂前町(どうまえまち)の金透小学校内に建てました。
久米正雄歌碑
(かひ)
1980年に開成小学校が卒業生の偉業をたたえるため、郡山市開成三丁目の開成小学校内に建てました。

詳しい情報の入手先(くわしいじょうほうのにゅうしゅさき)

こおりやま文学の森資料館住所:郡山市豊田町3番5号
電話024-991-7610

現地へ行くまでの交通案内(げんちへいくまでのこうつうあんない)

久米正雄記念館
(こおりやま文学の森内)
JR「郡山駅前」発福島交通バスさくら循環虎丸回り「総合体育館前」停留所下車
(内環状線、郡山総合体育館の南どなり)

関連HPへ(かんれんホームページへ)

郡山市のHP

もどる