うつくしま電子事典

うつくしま電子事典
文化・伝統編人物編自然編 トップページへ
 

名山・渓谷・遊歩道(めいざん・けいこく・ゆうほどう)

蒲生岳(がもうだけ)

南会津地域(みなみあいづちいき)

只見町(ただみまち)

名山・渓谷・遊歩道(めいざん・けいこく・ゆうほどう)

蒲生岳
蒲生岳

カタクリの群生地
カタクリの群生地


関連記事

※関連(かんれん)する項目(こうもく)を表示(ひょうじ)しています。
クリックするとその項目のページへジャンプします。

 

紹介説明(しょうかいせつめい)

 三角すいのような形状(けいじょう)から「東北のマッターホルン」とよばれています。高さ828mとほかの山とくらべてそれほど高くはありませんが、雄大(ゆうだい)な只見川(ただみがわ)の流れや、浅草岳(あさくさだけ)をはじめ越後山脈(えちごさんみゃく)の山並み(やまなみ)を360度の大パノラマでながめられる人気の山です。
 登山口にはカタクリの群生地(ぐんせいち)があり、小蒲生口(こがもうぐち)からカタクリ公園へおりるのがおすすめの登山コースです。
 カタクリの見ごろは4月末から5月中旬。登山シーズンは5月中旬から11月上旬で、6月第1日曜日に山開きのイベントがあります。

詳しく調べるために(くわしくしらべるために)

<詳しい情報の入手先>
・只見町観光まちづくり協会 電話:0241-82-5250

<現地までの交通案内>
・JR只見線「蒲生駅」より登山口まで徒歩5分
・磐越自動車道「坂下IC」より国道252号線を只見方面に約63km、只見町蒲生地内にさしかかると看板・駐車場あり

関連HPへ(かんれんホームページへ)

只見町観光まちづくり協会

もどる