うつくしま電子事典

うつくしま電子事典
文化・伝統編人物編自然編 トップページへ
 

文化財(ぶんかざい)

岳林寺十六羅漢像(がくりんじじゅうろくらかんぞう)

県北地域(けんぽくちいき)

伊達市(だてし)

文化財(ぶんかざい)

岳林寺十六羅漢像
岳林寺十六羅漢像


関連記事

※関連(かんれん)する項目(こうもく)を表示(ひょうじ)しています。
クリックするとその項目のページへジャンプします。

 

紹介説明(しょうかいせつめい)

 名高いお寺である岳林寺(がくりんじ)の山門(さんもん)に当たる場所にあります。そこの古い松の根元に祭られている16体の羅漢像(らかんぞう)です。16世紀に作られたもので、伊達市の文化財(まちぶんかざい)として指定されています。

資料・他(しりょう・ほか)

『ふるさとの小径を行く』
 (東照山岳林寺・十六羅漢像)

その他(そのた)

市指定文化財

関連HPへ(かんれんホームページへ)

伊達市HPへ
関連画像HPへ
関連HPへ

もどる