うつくしま電子事典

うつくしま電子事典
文化・伝統編人物編自然編 トップページへ
 

郷土芸能(きょうどげいのう)

牛沢甚句(うしざわじんく)

会津地域(あいづちいき)

会津坂下町(あいづばんげまち)

郷土芸能(きょうどげいのう)

牛沢甚句
牛沢甚句


関連記事

※関連(かんれん)する項目(こうもく)を表示(ひょうじ)しています。
クリックするとその項目のページへジャンプします。

 

紹介説明(しょうかいせつめい)

 甚句(じんく)とよばれる唄(うた)は全国各地にあります。内容も様々なものがあり、はっきりとした決まりはありません。
 牛沢甚句は旧暦(きゅうれき)7月16日に、大徳寺(だいとくじ)で仏さまの供養(くよう)としてうたいおどられてきました。七七・七五の短詩(たんし)の形式になっています。
 現在では、毎年9月9日に牛沢青年団(うしざわせいねんだん)が行うお祭りの時に、若宮八幡神社(わかみやはちまんじんじゃ)にやぐらを作り、その周りでおどられています。
 

資料・他(しりょう・ほか)

『会津坂下町の文化財』
会津坂下町教育委員会 平成9年3月発行

詳しく調べるために(くわしくしらべるために)

<詳しい情報の入手先>
・会津坂下町教育委員会 電話:0242-83-2234

関連HPへ(かんれんホームページへ)

会津坂下町HPへ
関連HPへ1

もどる