うつくしま電子事典

うつくしま電子事典
文化・伝統編人物編自然編 トップページへ
 

天然記念物(てんねんきねんぶつ)

泉の一葉松(いずみのいちようまつ)

相双地域(そうそうちいき)

南相馬市(みなみそうまし)

天然記念物(てんねんきねんぶつ)

泉の一葉松
泉の一葉松


関連記事

※関連(かんれん)する項目(こうもく)を表示(ひょうじ)しています。
クリックするとその項目のページへジャンプします。

 

紹介説明(しょうかいせつめい)

 原町区泉にあるクロマツの巨木(きょぼく)で、木の高さ約9m、根まわり約3m、幹まわり約2.7m、樹齢はおよそ400年です。この一葉松は、1本の幹に1葉と2葉の松葉がともに生えているめずらしいクロマツです。
 今は枯れてなくなりましたが、源義経(みなもとのよしつね)が奥州(おうしゅう)に逃げてきたとき、泉の長者(ちょうじゃ)【大金持ち】のことを聞き、後々のわざわいとならないよう、部下の弁慶(べんけい)に命令し屋敷(やしき)に火を放ったといいます。この時、弁慶が松に腰(こし)をかけ燃える屋敷をながめていたことから「弁慶の腰掛松(こしかけまつ)」ともよばれたマツがありました。

詳しく調べるために(くわしくしらべるために)

<詳しい情報の入手先>
・南相馬市教育委員会 文化財課
 電話:0244-23-6421

その他(そのた)

県指定天然記念物(昭和30年12月27日指定)

関連HPへ(かんれんホームページへ)

南相馬市HP
福島県相双農林事務所HP

もどる