うつくしま電子事典

うつくしま電子事典
文化・伝統編人物編自然編 トップページへ
 

教育(きょういく)

新井石禅(あらいせきぜん)

伊達市(だてし)

1864〜1927

江戸時代(えどじだい)〜昭和(しょうわ)

新井石禅氏
新井石禅氏


関連記事

※関連(かんれん)する項目(こうもく)を表示(ひょうじ)しています。
クリックするとその項目のページへジャンプします。

 

人物紹介(じんぶつしょうかい)

 1864年12月19日、伊達郡梁川町【現在の伊達市梁川町】の石井家に生まれ、仙次郎(せんじろう)と名付けられました。石井家代々のお墓がある興国寺(こうこくじ)の新井如禅住職(あらいにょぜんじゅうしょく)の養子(ようし)になり、13歳のときに新井石禅(あらいせきぜん)と名前をかえて出家(しゅっけ)しました。
 学問の研究のため石川県能登(のと)にある大本山総持寺(そうじじ)で修行(しゅぎょう)し、曹洞宗(そうとうしゅう)専門本校を一番で卒業しました。その後は、僧侶(そうりょ)の生活と学問の研究に明けくれる毎日を過ごしました。
 1921年には日本とアメリカの友好と平和を願い、日本の代表としてアメリカをおとずれ、ハーディング大統領(だいとうりょう)と会見しました。帰国(きこく)した後は総持寺の代表をつとめ、女子の教育にも注ぎました。

資料・他(しりょう・ほか)

『新井石禅禅師伝』 辻 淳彦著 興国寺 1979年
『梁川町史』第10巻「文化・旧町村沿革」 梁川町 1994年
『新井石禅全集』

主な業績(おもなぎょうせき)

29歳新潟県中蒲原郡横越村(なかかんばらぐんよこごしむら)の大栄寺住職(だいえいじじゅうしょく)につきました。
57歳大本山鶴見総持寺貫首(だいほんざんつるみそうじじかんじゅ)に就任しました。

のちに与えた影響(のちにあたえたえいきょう)

 1924年に光華女学校(こうかじょがっこう)をつくり、女子教育をすすめました。作家岡本かの子も鶴見総持寺(つるみそうじじ)の石禅貫首(せきぜんかんじゅ)に心の救いを求めた一人です。

関連する史跡・施設(かんれんするしせき・しせつ)

新井石禅銅像

詳しい情報の入手先(くわしいじょうほうのにゅうしゅさき)

伊達市教育委員会
興国寺(こうこくじ) 電話:024-577-0273

もどる