うつくしま電子事典

うつくしま電子事典
文化・伝統編人物編自然編 トップページへ
 

教育(きょういく)

安積艮斎(あさかごんさい)

郡山市(こおりやまし)

1791〜1860

江戸時代(えどじだい)〜江戸時代(えどじだい)

椿 椿山(つばきちんざん)筆 安積艮斎像 安積国造神社蔵
椿 椿山(つばきちんざん)筆 安積艮斎像 安積国造神社蔵


関連記事

※関連(かんれん)する項目(こうもく)を表示(ひょうじ)しています。
クリックするとその項目のページへジャンプします。

 

人物紹介(じんぶつしょうかい)

 本名は安藤祐助(あんどうゆうすけ)といい、寛政3(1791)年に郡山で生まれました。
11歳のころまで約6年間、二本松藩(にほんまつはん)の寺子屋(てらこや)で勉強(べんきょう)していた安積艮斎(あさかごんさい)は、もっと勉強がしたいと思い、1807年に江戸に一人で旅立ち、日蓮宗(にちれんしゅう)・妙源寺(みょうげんじ)の日明和尚(にちみょうおしょう)のもとで生活しました。
 和尚の紹介(しょうかい)で知り合った、当時学者であった佐藤一斎(いっさい)から学び、20才からは将軍家(しょうぐんけ)の相談役の立場だった林述斎(はやしじゅつさい)の生徒になりました。のちに「見山楼(けんざんろう)」という塾(じゅく)を開き、幕末(ばくまつ)から明治の間に活躍(かつやく)した人など2,282人もの生徒に学問を教えました。
 また、59才の時に昌平黌(しょうへいこう)【幕府(ばくふ)の最高学府(がくふ)】の教授(きょうじゅ)となり、アメリカのペリーや、ロシアのプーチンが来航したときには、各国の国書(こくしょ)を翻訳(ほんやく)する仕事もしました。

資料・他(しりょう・ほか)

『郡山の歴史−郡山商工会議所青年部五周年記念誌−』
 郡山商工会議所青年部 1990年4月26日発行
『えほん風土記こおりやま』 社団法人郡山青年会議所 1981年刊
『郡山おもしろBOOK』 社団法人郡山青年会議所 1992年刊
『幕末の大学者 安積艮斎』 安積艮斎顕彰会 2001年刊

関連する史跡・施設(かんれんするしせき・しせつ)

安積艮斎記念館住所:郡山市清水台一丁目6番23号
安積国造神社地内
電話:024-932-1145

詳しい情報の入手先(くわしいじょうほうのにゅうしゅさき)

・郡山市中央図書館【郡山市麓山(はやま)一丁目5番25号】
 電話:024-923-6601

現地へ行くまでの交通案内(げんちへいくまでのこうつうあんない)

安積艮斎記念館
(安積国造神社地内)
JR「郡山駅」から徒歩10分

関連HPへ(かんれんホームページへ)

郡山市のHP

もどる